2018年11月05日

344回目の放送

高知が生んだ文化人:酒場詩人 吉田 類さんの番組です


四国4局ネットでお送りしていますexclamation

第344回目の番組テーマ:高知@恩師:吉井先生のアトリエ

今年5月の収録で、約50年ぶりの再会を果たした
   洋画家の吉井 英二先生と類さん。

DSCPDC_0000_BURST20180521151229823.JPG
(その時の写真です)

IMG_2243.JPG
今回は類さんの希望で高知市内の吉井先生のアトリエへ

IMG_2244.JPG
戦前から建つご自宅へお邪魔しました。

IMG_2266.JPG
収録風景です。

IMG_2248.JPG
御年88歳 二科展での受賞また高知県展無鑑査の洋画家の
吉井先生はエネルギッシュな方です

IMG_2271.JPG
類さんも興味深く聞き入ります。

IMG_2285.JPG
お弟子さんも駆けつけてくれまして、
類さんと交流をはかることができました

IMG_2246.JPG
こちら今年の県展の作品「コンポジッション2018」

そして越知の以前のアトリエにまつわる物として
IMG_2282.JPG
このイスを大事にとっており、見せてくれました。

IMG_2302.JPG
類さんも少年時代 このイスにかけて絵を描いていたそうです。

IMG_2290.JPG
二科展出品作品は100号なので脚立に上がり描くそうです。

IMG_2322.JPG
そして、類さんがアトリエを訪れる記念に
次回の二科展にむけて、真っ白いキャンバスを用意されたそうです。

本当にアーティストとしての神髄を感じます



番組をもう一度聞きたい人は、下の「聞く」をクリックしてね!


第344回目放送を聞く!



番組では類さんからのMESSAGE=語録をご紹介しています。今回は


「先生との縁。宇宙的魂の縁を感じる。
    まるで、曼陀羅の中にいるようだ。。。」


       でした



余計なものをそぎ落とし、どこまでもシンプルな世界なのに
見るものの想像力は掻き立てられるばかり。

白・黒・黄色 そして 三角△

吉井先生のコンポジッション=構図・構成は
     限られた要素で、無限・夢幻を生み出します。


IMG_2307.JPG
吉井先生 本当にありがとうございました



posted by hisix at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする