2019年09月03日

387回目の放送

高知が生んだ文化人:酒場詩人 吉田 類さんの番組です


第387回目の番組テーマ:香川C 粟島partV
      

四国のFM4局ネットでお送りしている「類語録」

今回は間もなく秋会期が始まる「瀬戸内国際芸術祭」について

ここ粟島には総合ディレクター日比野克彦さんが校長を務める
粟島芸術家村・日々の笑学校があります。

IMG_7050.JPG

ここではアーティスト・イン・レジデンス2019と言って
2010年から、地域の人々との交流を通じて
文化芸術による地域の活性化を目的とした芸術プログラムが行われています。

IMG_7069.JPG

アーティストが滞在し島の人達と交流し芸術作品を創造する

そんな素晴らしい活動をしているアーティストの一人が

IMG_7061.JPG
おおこじま まき さん。

鯨の体に色々な飾りが付けられ、メッセージを発しています。

IMG_7066.JPG
鯨の骨組みです。

IMG_7088.JPG
その飾りを刺繍で作り出す島のお母さんたち。
粟島レディースの皆さんです

DSC_0587.JPG
パンフレットで作品をご覧ください。


おおこじま まき さんと共にもう1人島に逗留し作品を手掛ける

IMG_7074.JPG
インドからやってきたマユール・ワイエイダさん。

洞窟に壁画を紡ぎます。

その洞窟におおこじまさんの鯨も入るそうです。

島のお母さん達からすると おおこじまさんとマユールさんは
わが子も同然。 だそうです



番組をもう一度聞きたい人は、下の「聞く」をクリックしてね!

第387回目放送を聞く!


番組では類さんからのMESSAGE=語録をご紹介しています

今回は
「アートでの町おこし。それが自然保護にもつながる。  」

          
       でした


IMG_7085.JPG

瀬戸内国際芸術祭2019
9月28日(土)〜11月4日(月)秋会期・粟島
展示場所:粟島芸術家村(旧粟島中学校)

瀬戸内国際芸術祭詳細についてはコチラ
https://setouchi-artfest.jp/
posted by hisix at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする