2020年10月21日

446回目の放送

高知が生んだ文化人:酒場詩人 吉田 類さんの番組です


第446回目の番組テーマ:香川B

今月は香川編をお送りしています

IMG_0204.JPG
今年1月にお邪魔した高松市片原町の立ち飲み屋「芽論(めろん)」
こちらで大先輩の”せつや”さんとの出会いがありました。

IMG_2630.JPG
そのことを類さんは最新刊「酒場詩人の美学」の巻頭文に記しました!
そこでご挨拶がてらお店を訪ねることにしました。

IMG_2647.JPG
マスターの伊藤 光臣さんとママの節子さんご夫妻。

IMG_2627.JPG
いつもはマスター厳選の日本酒を扱っておりますが・・・
フレッシュさが命のお酒。
お客様の減少もあり、数多く開栓すると劣化も気になるので

IMG_2628.JPG
コロナ禍で若干お店の内容も変え
日本酒だけでなく、クラフトビールも扱っていました。

IMG_2604.JPG
仕切りのビルールシートも天井から下がってますので

IMG_2629.JPG
楽しく飲めます

IMG_2623.JPG
やっぱり立ち飲みが似合いますねぇ

IMG_2634.JPG
もちろん日本酒も頂きますよ!福島の楽器正宗。

IMG_2637.jpg
ここでまた”せつや”さんと酌み交わしたいですね。



番組をもう一度聞きたい人は、下の「聞く」をクリックしてね!

第446回目放送を聞く!



類さんからの語録=MESSAGEは

「回帰する立ち酒 

杯も巡り、人も巡る。 
出会いと別れを繰り返し、また出会う為に放浪しております


IMG_2614.JPG
マスターまた戻ってきますね

IMG_2625.JPG
換気も良く、外のスペースもあります。
機会があれば是非とうぞ!

美酒立呑「芽論」
香川県高松市片原町8-1  090-3186-0308
営業時間:月〜土 15:00〜23:00  定休日:毎週日曜日


posted by hisix at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする